大学案内

カリキュラムポリシー

カリキュラムポリシー

 作新学院大学は、「常に自らを新たにする人間を作る」という建学の精神に則り、自分の力で新しい知識を吸収し問題解決の方法を見つけ出す能力を持ち、世界的な視野に立って地域社会に貢献し得る、人間的な魅力に富んだ人材を育成するという教育目標を実現するために、学部ごとにそれぞれ必要とされる学問の教授と実践活動の指導を行う。
 そのために、本学のカリキュラムは、幅広い教養を身につける「共通教育科目」とそれぞれの学部の専門的な知識や技能を育成する「専門教育科目」に分けられている。
 
1.「共通教育科目」は「初期導入教育科目」「リテラシー教育科目」「教養教育科目」に分けられており、全学共通である。
 「初期導入教育科目」は1年次の必修科目として「基礎ゼミナール」を置き、大学における学修への動機付けを行うとともに、学ぶことへの主体的な態度や意欲を育成し、理解力や調査・報告力等を身につけてもらう。この科目の担当者は担任として位置付けられ、全学生を把握して、支援・指導にあたる。
 「リテラシー教育科目」は社会のどのような分野に進もうとも必要とされる教養を身につける科目として位置付け、「英語」「日本語表現法」「コンピュータリテラシー」「スポーツ科学実技」「キャリアデザイン」を置く。
 「教養教育科目」は「教養系」「言語系」「自主科目」「海外研修」で構成され、各自の主体性に従って選択して学ぶことができる。ここに設置されている科目群により、人文科学、社会科学、自然科学など各分野にわたる幅広い教養を身につけ、専門教育での学修において創造的な思考力や総合的な判断力を発揮するための基盤能力を養う。 
 
2.「専門教育科目」は各学部のカリキュラム・ポリシーに基づいて、それぞれ学びやすさを工夫して設置されている。
 経営学部には経営学科とスポーツマネジメント学科が設置され、さらに経営学科にはビジネスマネジメントコース、会計・情報マネジメントコース、コミュニティマネジメントコースの3コースが設置されている。
 人間文化学部には発達教育専攻(教育学)と人間文化専攻(心理学、社会学、言語・文化)の2つの専攻が設置されている。
 それぞれにコア・カリキュラムとして中核的な科目を選定して配置し、基礎的な内容から応用に至るまでが、順を追って体系的に学べるように工夫されている。また、意欲と好奇心のある学生は副専攻制度を利用して複数のコース、また他学部のコースを学ぶことができる。
 
学部・学科別カリキュラムポリシー

学部・学科

カリキュラムポリシー

経営学部 経営学科

スポーツマネジメント学科

作新学院大学経営学部は、「常に自らを新たにする人間を作る」という建学の精神に則り、自分の力で新しい知識を吸収し、問題解決の方法を見つけ出す能力をもち、世界的な視野に立って地域社会に貢献し得る、人間的な魅力に富んだ人材を育成するという教育目標を実現するために、経営学および関連分野の学問の教授と実践活動の指導を行う。そのために、次のようなことを意図したカリキュラム(教育課程)を組み立てている。 1.経営学部は、理論と実践が相互に補完しあう授業体系によって、社会的な問題、特に地域社会の抱える問題の解決に活用できる実学を追究する。 2.全学の「共通教育科目」と学部配置の「専門教育科目」をバランスよく学修させて、鋭敏な問題意識をもち、問題解決のための見識・力量を備えた人間性豊かな人材を育成することを目指して、現代的教養教育・キャリア教育を推進する。 3.学生が主体的に参加する少人数授業を重視し、特にゼミナールについては1年生から4年生まで必修として、未知のものに果敢に挑戦する自学・自習、自主・自立の学修態度を育成・強化する。 4.ゼミナール担当教員は、クラス担任として日常的に学生と接触の機会をもち、学生の学修到達度をつぶさに把握して適切な学修指導を行う。 5.専門教育においては、経営学部の学生が共通して学ぶことが望ましい「学部共通科目」と、各学科でのより専門的な内容を学ぶ「分野別科目」が配置されている。また、経営学科には複数の専門分野が設置されているためそれらに共通する学びの基礎となる「学科共通科目」も配置されている。学生が「学部共通科目」として配置された経営学関連の基幹科目の知識を修得したうえで、それぞれの関心や進路設計に即してビジネスマネジメント、会計・情報マネジメント、コミュニティマネジメント、スポーツマネジメントの4つの専門分野のいずれかを学ぶような体系的な学修システムを採用することで、幅広い経営学的見識と特定専門分野の深い学識を兼ね備えた人材を育成する。 6.学生が学際的視点を養えるように、経営学科の専門教育において副専攻制度を導入している。また、他学部履修制度を設けることで人間文化学部の専門科目の履修も可能となり、自分の専攻領域以外の学問領域を履修できるようにする。 7.このような学修の集大成として、学生が身につけた専門知識、論理的思考能力、表現力等を具体的な研究成果に結実させることができるように、研究ゼミナールでは丁寧な個別指導を実施する。

 

  • 経営学部経営学科

 作新学院大学経営学部経営学科は、「常に自らを新たにする人間を作る」という建学の精神に則り、マネジメントの基礎知識と体系的な理解に基づく職能的案専門知識とともに、主体性と実行力、コミュニケーション力、チームワーク力、課題発見・解決力、想像力等の実社会で活躍できる社会人基礎力を涵養するという教育目標を実現するために、ビジネスマネジメント分野、コミュニティマネジメント分野、会計・情報マネジメント分野において学問の教授と実践活動の指導を行う。そのために、次のようなことを意図したカリキュラム(教育課程)を組み立てている。

1.経営学部は、理論と実践が相互に補完しあう授業体系によって、社会的な問題、特に地域社会の抱える問題の解決に活用できる実学を追究する。

2.専門教育科目の中の、学部共通科目、学科共通科目、コース科目をバランスよく学修させて、鋭敏な問題意識をもち、問題解決のための見識・力量を備えた人間性豊かな人材を育成することを目指して、現代的教養教育・キャリア教育を推進する。

3.ビジネスマネジメント、コミュニティマネジメント、会計・情報マネジメントの各コースの教育においては、学部共通科目、学科共通科目の基盤の上にコース科目を学修させることで、幅広い経営学的見識と特定専門分野の深い学識を兼ね備えた人材を育成する。

4.このような学修の集大成として、それぞれの分野での専門知識、論理的思考能力、表現力等を具体的な研究成果に結実させることができるように、研究ゼミナールでは丁寧な個別指導を実施する。

 

  • スポーツマネジメント学科

 アクティブ・ラーニング(実践的・体験的学修)を重視し、各年次にインターンシップやフィールドワークを設置するとともに、授業科目全体を対象にワークショップやPBL(Problem Based Learning 課題解決型学習)方式の全面的な導入を図り、①参加・体験型の実践的な授業、②社会人として通用する基礎力、③組織を動かすマネジメント力を重視する。

 教育課程は、幅広い教養を身につける「共通教育科目」と専門的な知識や技能を育成する「専門教育科目」とで構成される。「共通教育科目」は、「初期導入教育科目」「リテラシー教育科目」「教養教育科目」で構成され、全学共通である。「専門教育科目」は、「学部共通科目」、「スポーツマネジメント科目」、「研究ゼミナール」で構成される。体育学部のような学部学科とは異なり、経営学部の教育研究の中核である経営学を基礎として授業科目が構成されている。学生は「専門教育科目」の中から「学部共通科目」必修18単位を含む40単位以上、「スポーツマネジメント学科科目」必修18単位を含む44単位以上修得しなければならない。

経営学部においては、実践的な教育と少人数教育を重視し、授業科目の教育目標や特性に応じて、受講生の数を少なめに設定することによって、学生と教師の間の親密なコミュニケーションに基づいて効果的な教育を行う。さらに、キャリア教育として職業指導A・Bを2年次配当科目とし、労働市場の動向を早くから学ぶ。特に、格差社会や非正規労働者の現状についての理解を深め、学習意欲の高揚や目標設定を促す。 

人間文化学部

人間文化学科

作新学院大学人間文化学部は、「常に自らを新たにする人間を作る(作新民)」という建学の精神に則り、自分の力で新しい知識を吸収し、問題解決の方法を見つけ出す能力をもち、世界的な視野に立って地域社会に貢献し得る、人間的な魅力に富んだ人材を育成するという教育目標を実現するために、人間と文化に関わる学問の教授と実践活動を行っています。そのために、次のようなことを意図したカリキュラム(教育課程)を編成しています。

 

1.人間文化学部は、理論と実践が相互に補完しあう授業体系によって、社会的な問題、特に地域社会の抱える問題の解決に活用できる実践的能力を追求します。

2.全学の「共通教育科目」と人間文化学部配置の「専門教育科目」をバランスよく学修させて、鋭敏な問題意識を持ち、その問題解決のための見識・力量を備えた人間性豊かな人材を育成することを目指して、現代的教養教育・キャリア教育を推進します。

3.学生が主体的に参加する少人数授業を重視し、特に演習については1年生から4年生まで必修として、未知のものに果敢に挑戦する、自学・自習、自主・自立の学修意欲を育成・強化します。

4.演習担当教員は、クラス担任として日常的に学生と接触の機会をもち、学生の学修到達度をつぶさに把握して適切な学修指導を行います。

5.人間文化学部は、心理学と教育学の学修を中核とし、さらにコミュニケ―ション能力などを養うことを目的として、言語・文学、社会学の専門的知識を通して、人間と文化を幅広く理解していきます。

6.現代社会の多様な課題に対応できる能力を育むため、経営学部の専門科目も合わせて履修できるように配慮します。

7.このような学修の集大成として、学生が身につけた専門知識、論理的思考力、表現力などを「卒業論文」という形で具体的に結実させることができるように、卒業論文指導演習では丁寧な個別指導を実施します。

 

 

研究科別カリキュラムポリシー

研究科カリキュラムポリシー
経営学研究科

作新学院大学大学院経営学研究科は、「作新民」という建学の精神と教育理念に基づき、総合的なカリキュラムを提供しています。その教育課程は、ビジネスを取り巻く国内外の環境変化に対応できるように、民間および公的組織の経営に必要な講義科目を幅広くアレンジする一方で、指導教授を中心としつつも関連教員が相互にサポートする論文指導体制も整えています。そのために、次のようなことを意図したカリキュラム(教育課程)を組み立てています。


1.企業や組織が抱える問題の解決に向けて、理論と実践の融合を志向します。
2.基礎科目と専門科目の設置によって、専攻分野を体系的に学習・研究できるように配慮します。
3.学際領域の科目を充実させ、幅広い講義科目の提供を目指します。
4.論文指導は指導教授を中心とした複数指導体制で行います。
5.講義および演習は少人数教育を前提とします。

心理学研究科 本研究科は、心理臨床に携わる高度専門的職業人として必要とされる知識・技能を、クライエントの抱える心理的問題についての見立てと心理的支援、社会、特に地域社会に対する啓発活動、臨床心理学的な調査・研究活動と捉え、その上で以下のように科目を設置している。
必修科目として、臨床心理学の基礎理論(「臨床心理学特論I,II」)、心理査定(「臨床心理査定演習」)、面接技法(「臨床心理面接特論」)、教育・医療・福祉分野における大学附属の相談施設および学外施設での実習(「臨床心理基礎実習」、「臨床心理実習」)、修士論文の執筆(「研究演習I,II」)に関わる科目(22単位)を設置している。また、選択必修科目として、研究方法、認知・生理過程、社会・家族関係、精神医学、臨床心理学各論に関わる5科目群(36単位)を設置しており、各科目群から2単位以上、計10単位以上の修得が定められている。各科目の単位認定基準は、ディプロマ・ポリシーに基づいて科目ごとに定められている。

 

作新学院大学女子短期大学部 幼児教育科カリキュラムポリシー

学科カリキュラムポリシー
幼児教育科

幼児教育科は、豊かな教養、深い専門的な知識、実践的な技能を身につけて社会に貢献できる人材を育成するために、教養教育、専門教育、実務教育のバランスのとれたカリキュラム編成をしている。
1.理論科目と実践科目をバランスよく配置する
2.自主性・主体性を引き出すために、学生と教員とのコミュニケーションを大切にした学生参加型の授業を行う
3.実習を中心として現場に即した学びを実践する