女子短期大学部

設楽 紗英子

設楽 紗英子
  • お写真

 

教員氏名 設楽 紗英子
教員ふりがな したら さえこ
職階 准教授
学位 博士<心理学>
担当授業名称 発達心理学、教育心理学、家庭支援論、ライフデザイン、保育実習指導II
担当ゼミ名称  
専攻・専門分野 キャリア心理学、産業組織心理学、発達臨床心理学
所属学会 日本心理学会、日本教育心理学会、経営行動科学会、産業組織心理学会、産業衛生学会
研究室電話番号  
E-mail(大学) shitaraの後に続けて@sakushin-u.ac.jp
E-mail(個人)  
略歴 【主な研究業績】
<著書>
「第9章子どもの心理的支援」 西舘有沙・徳田克己・高玉和子編著  原田千沙・設楽紗英子他 『ヒューマンサービスに関わる人のための子ども支援学』文化書房博聞社,pp.205-210,2009年

<論文>
設楽紗英子・新井邦二郎 職場の対人ストレス過程におけるワーク・エンゲイジメントの検討 経営行動科学,22,pp.223-232,2009年
永井智・坂征拓・田中真理・設楽紗英子 愛着の四類型から見た感情抑制 パーソナリティ研究,19,pp.72-75,2010年

<学会発表(口頭発表)>
濱口佳和・櫻井茂男・渡辺弥生・江口めぐみ・設楽紗英子・桑原千明・関口雄一・中澤潤・岡田昌毅 職場の勤労者の関係性攻撃を多次元的に測定し,その心理社会的適応との関連を検討 日本心理学会第76回大会,2012年
設楽紗英子・濱口佳和 ワーク・エンゲイジメントの規定因と後続事象に関する研究―個人的要因と組織的要因からの検討― 日本心理学会第77回大会,2013年
現在の研究分野 大学から職業人への接続
研究課題と研究経過  
教員個人ページへのリンク  
ゼミ・講義の紹介 (1)教育心理学や発達心理学等の授業では,皆さんが将来,幼児教育や保育を実践していく上で裏付けとなる,専門家としての知識を身に付けることを狙いとしています。
(2)ライフデザイン等の授業では,自己と社会的状況について理解を深め,主体的に自分の人生に関わる力を養います。