人間文化学部

玉城 要

玉城 要
  • お写真

 

教員氏名 玉城 要
教員ふりがな たまき かなめ
職階 教授
学位 修士<文学>
担当授業名称 漢文学概論I・II
中国語コミュニケーションI~Ⅳ
日本語コミュニケーション
基礎演習IC・IIC
キャップストーン・コース
担当ゼミ名称  
専攻・専門分野 中国古典文学(唐代文学)・中国語・漢文教育
所属学会 日本中国学会
中国文化学会
中唐文学会
京都大学中国文学会
作新学院女子短期大学国文学会
研究室電話番号  
E-mail(大学)  
E-mail(個人)  
略歴 【論文】                                               
○『三字経』を教材として用いた授業 (単著) 2005年3月 「作新学院大学人間文化学部紀要」第3号       
○趙師秀輯『二妙集』について―姚合・賈島評価と関連して― (単著) 2002年3月 「作新国文」第13号  
○詩語「江湖」の用法とイメージ―その変遷と、杜甫・白居易・杜牧の作品における独自性について―   (単著)2000年1月 「作新国文」第11号                    
○唐詩に見える「美人」「佳人」のイメージ (単著) 1999年12月 「作新女子短期大学紀要」第23号        
○姚合編『極玄集』について― 韓?詩の位置づけと関連して (単著) 「作新女子短期大学紀要」第21号   
○姚合の詩について―中唐期における新しい個性として― (単著) 「中国文化」第55号             
○白居易の閑適詩―兼済と独善の意識を中心にして― (単著) 「筑波中国文化論叢」13             
○白居易の諷諭詩―江州左遷後の作品をめぐって― (単著) 「筑波中国文化論叢」12              
【訳注・その他】
○『三字経』訳注 (単著) 2003年11月 「作新国文」第14号
○『日知録』抄 注釈(巻19第9則「修辞」)(共著) 1999年「文教大学文学部紀要」13-1号 18頁下段~28頁   
○中晩唐文学研究文献目録 (単著)1998年 松本肇・川合康三編『中唐文学の視角』(創文社)45頁~73頁

【単行本分担執筆】                                            
  『詩語のイメージ―唐詩を読むために』後藤秋正・松本肇編 東方書店 2000年11月 

【公開講座講師】
○平成10年度さわやか市民カレッジ講座 第3回くろいそ・マナビスト・カレッジ 作新学院女子短期大学公開講座「文学に見る母と子」第1回「孝行者の烏と不孝者の燕」講師 1998年6月
○作新学院女子短期大学1998年度総合公開講座 「追憶」 第1回「過去を想う ― 唐詩における追憶と懐古」講師 1998年10月  
○作新学院女子短期大学1999年度総合公開講座 「道」 第1回「過去を想う ― 唐詩に見えるさまざまな道」講師 1999年10月
現在の研究分野  
研究課題と研究経過  
教員個人ページへのリンク  
ゼミ・講義の紹介 ○中国語コミュニケーションI・II 『はじめての中国語』(紹文周・明日香出版社)をテキストに、発音練習を中心に授業を進めています。

○中国語コミュニケーションⅢ・Ⅳ『しっか身につく中国語会話』(紹文周・ベレ出版)をテキストに疑問文の基本例文、身の回りのことをたずねる表現、日常会話の基本例文を中心に授業を進めています。

○漢文学概論I・II 日本語日本文化とも深い関わりのある漢字・漢語・漢文についての基本的な知識の習得を目指します。 

○基礎演習IC・IIC テキストの読みかた、レジュメ(発表プリント)のまとめ方、発表の仕方、コメントの仕方などを学びます。今年度使用しているテキストは『春秋戦国の処世術 中国古典に学ぶ逆転の「寓話」』(松本肇・講談社現代新書)です。