人間文化学部

村松 和彦

村松 和彦
  • お写真

 

教員氏名

村松 和彦

教員ふりがな

むらまつ かずひこ

職階

特任教授

学位

修士<教育学>

担当授業名称

 

担当ゼミ名称

 

専攻・専門分野

美術教育

所属学会

大学美術教育学会,美術科教育学会,日本美術教育連合,とちぎ道徳教育実践学会

研究室電話番号

 

E-mail(大学)

 

E-mail(個人)

 

略歴

【略歴】

昭和56年4月 栃木県宇都宮市立城山中学校教諭・美術科担当

昭和63年4月 兵庫教育大学大学院

       教科領域教育専攻芸術系コース美術 修了

昭和63年4月 栃木県宇都宮市立宮の原中学校教諭・美術科担当

平成 元年4月 宇都宮大学教育学部附属小学校教諭・図画工作科担当

平成11年4月   同  総合的な学習の時間主任,教育実習主任

平成20年4月 白鴎大学非常勤講師(現在に至る)

平成22年4月 宇都宮大学教育学部

                  附属教育実践総合センター教職実践部門准教授

平成26年4月 栃木県宇都宮市立平石中央小学校副校長

                作新学院大学非常勤講師(現在に至る)

平成29年4月 栃木県宇都宮市立横川西小学校副校長

平成30年4月 作新学院大学人間文化学部特任教授

 

【研究業績】

・著作

『小学校図画工作科指導細案1年,2年』(共著) 明治図書 平成5年

『図画工作題材集 立体(工作・彫塑)編』(共著) 開隆堂出版 平成8年

『ベーシック造形技法』(共著) 建帛社 平成18年

・学術論文

『子どもの造形表現・メディアとしての意味』(単著) 美術教育学会誌29号 平成20年3月

『メディアとしての造形表現・その強化と回復』(単著) 美術教育学会誌30号 平成21年3月

『メディアとしての造形表現「メディア・テトラッド」の「衰退」と「反転」が子どもたちにもたらす意味』(単著) 美術教育学会誌31号 平成22年3月

『造形表現における豊かな想像力とパーソナリティ障害に関する一考察』(単著) 日本美術教育研究論集,第43号 平成22年3月

『メディアとしての複製画-複製画鑑賞についての一考察』(単著) 美術教育学会誌32号 平成23年3月

『デジタル・デバイスを用いた鑑賞教育の妥当性についての一考察』(単著) 日本美術教育研究論集,第44号 平成23年3月

『豊かな情操と美術科教育に関する一考察』(単著) 日本美術教育研究論集,第45号 平成24年3月

・その他

『教職実践科目におけるポートフォリオ学習の試行』(共著) 宇都宮大学教育学部附属教育実践総合センター紀要,第34号 平成23年7月

『造形メディアとしてのデジタル・デバイスに関する一考察』(単著) 宇都宮大学教育学部附属教育実践総合センター紀要,第35号 平成24年7月

『教育実習における学生の自己評価と附属教員による評価をめぐる諸様相』(単著) 宇都宮大学教育学部紀要第1部63号 平成25年3月

『平成24年度 教職実践演習試行報告』(共著・主筆) 宇都宮大学教育学部附属教育実践総合センター紀要,第36号 平成25年7月

 

【社会貢献活動等】

・栃木県小学校教育研究会図画工作部会事務局長 平成14年4月

・平成16年関東甲信越静地区造形教育研究大会栃木大会事務局長

・平成28年関東甲信越静地区造形教育研究大会栃木大会統括局長

・栃木県小学校教育研究会図画工作部会研究大会佐野大会 全体会 講演「郷愁の造形遊び」平成25年11月

・第52回 全日本特別支援教育研究連盟全国大会栃木大会要項及び大会収録の装丁デザイン 平成25年10月

現在の研究分野

図画工作教育 美術教育 デザイン

研究課題と研究経過

 

教員個人ページへのリンク

 

ゼミ・講義の紹介