女子短期大学部

西田 直樹

西田 直樹
  • お写真

 

教員氏名 西田 直樹
教員ふりがな にしだ なおき
職階 教授
学位 博士<文学>
担当授業名称

言葉(指導法)
基礎教養I・Ⅱ
保育・教職実践演習 

担当ゼミ名称  
専攻・専門分野 日本語・日本文化・地域学(とちぎ学)
所属学会 日本語学会
中世文学会
仏教文学会
研究室電話番号 028-670-3672
E-mail(大学)  nishida@sakushin-u.ac.jp
E-mail(個人)  
略歴

主要業績
著書                                                                                                                                                       HELL 地獄 地獄をみる (パイ インターナショナル)(共著)(2017)
「仮名書き絵入り往生要集」の成立と展開(和泉書院)(単著) (2001)
『往生要集絵巻』詞章と絵の研究(和泉書院)(単著) (1998)
淨幅寺本仮名書き『往生要集』影印・翻刻・解説(おうふう)(共著) (1994)
 
論文

・増上寺蔵『五百羅漢図』の成立過程の研究 

 (作大論集第2号)(単著)(2012)

 

・高等教育機関における教養教育の構想

~作新学院大学女子短期大学部の取り組み~

(作大論集第4号)(石原栄子ほかと共著)(2014)

 

・「保育・教職実践演習(幼)」の実践的研究

―作新学院大学女子短期大学部の3年間の取り組みに基づいて―

(教職実践センター)(研究紀要第3号)(畠山大と共著)(2014)

 

・高等教育における地域学習とキャリア教育

―その教育理念及び研究と検証の方法-

(作大論集第5号)(単著)(2015)  

 

・荒井退造と「とちぎ学」

-「とちぎ学(地域学)の人物学習における荒井退造の位置づけ―

(作大論集第6号)(単著)(2016) 

            

・高等教育機関における文章表見の指導方法について

―作新学院大学女子短期大学部 幼児教育科「文章表現」の場合―

(作大論集第6号)(単著)(2016)

 

 ・養成校における「保育・教職実践演習」の授業について

~伝統文化理解のための構想の計画~

(作新学院大学 作新学院大学女子短期大学部 教職実践センター研究紀要 第5合)(2017)

 

・「仮名書き絵入り往生要集」の挿絵の機能

―「プリミティブな言葉の表現」の分析としてー(作大論集8号)(単著)(2018)
現在の研究分野 ・言葉の解釈を歴史的に解明する資料として地獄絵や六道絵の研究を行っています。
研究課題と研究経過

・地域学(とちぎ学)の研究として、地域における成人教育(生涯学習・リカレント教育)について、特に大学や短大が果たすべき役割について、基礎的な研究を始めています。

教員個人ページへのリンク  
ゼミ・講義の紹介