作新学院大学からのお知らせ

【自転車部】及川一総選手(スポーツマネジメント学科2年)が優勝

【自転車部】及川一総選手(スポーツマネジメント学科2年)が優勝
(最終更新日:2019/02/28)

 2月17日(日)に開催された「全日本学生RCS第12戦 埼玉川島町役場前クリテリウム」において、本学自転車部の及川一総選手(2年)がクラス2で優勝し、クラス1昇格を果たしました。また、床井亮太選手がクラス1で入賞し、RCSランキング4位となりました。
 
大会詳細
大会名: 全日本学生RCS第12戦 埼玉川島町役場前クリテリウム
日 程: 2019年2月17日(日)
会 場: 埼玉県川島町役場前周回コース(1周 2.0km)
 
 
大会成績[ ]出身高校クラス2(8週 16.0km/出走47名)優勝 クラス1へ昇格
 経営学部スポーツマネジメント学科2年  及川 一総 [紫波総合高校(岩手県)]
 ⇒ロードレース・カップ・シリーズ(RCS)ランキング21位(2/17現在)
 
 
クラス1(10週 20.0km/出走14名)5位入賞
 経営学部スポーツマネジメント学科2年  床井 亮太 [作新学院高校]
 ⇒ロードレース・カップ・シリーズ(RCS)ランキング4位(2/17現在)
 
 
大会の様子

  • 本文
    クラス2で優勝した及川選手(中央)
  • 本文
    1位でゴールする及川選手


及川一総さんコメント今回の目標は自分が逃げ切って優勝することでした。作戦は横風区間でペースを上げていき人数を絞ってから逃げる作戦でした。スタートは向かい風ですぐ左に曲がると横風区間でのリアルスタートでした。スタートは1番後ろからでしたが横風区間で徐々に前に上がって行きました。右からの風だったので右側をあまり走りたくはありませんでしたが位置を上げるために仕方なく走りました。左折後の追い風はそこそこで踏んで次の横風区間で前から4番目の位置に一気に上がりました。集団から少し差が開いていたので4人くらいで飛び出そうかとも思いましたが自分よりも引ける人はいないと思い、1人で飛び出しました。
そこからは個人TTで向かい、横風区間で踏んで追い風区間で休む走りで周回を重ねて行きました。
最初の1周回からの逃げだったので不安もありましたが徐々にタイム差も開いていったので自信を持って走ることが出来ました。ラスト1周で後ろの集団がコースを間違えて、差が縮まり焦りましたがゴールまで1人で逃げ切ることが出来ました。昨年はなかなか結果を出せずに悩んだ時期もありましたがやっと自分らしい走り方で勝つことが出来ました。これも普段から支えてくれる家族、応援してくれた部員の皆さん、サポートしていただいてるスポンサー様、なにより指導していただいたコーチのおかげです。ありがとうございます。
次のレースからはクラス1で走ることになりますが床井選手と上手く連携していって勝ちに結びつけていきたいと思います。
これからも作新学院大学自転車競技部の応援よろしくお願いします。

 
及川さんのコメントや大会の詳細はこちら ⇒日本学生自転車競技連盟 特設サイト
 
自転車競技のクラスについて学生自転車競技のレースシリーズは、ロード(RCS)とトラック(TRS)に大別され、それぞれ「クラス」と呼ばれる競技レベルに分かれています。クラス2や3のレースで優勝や入賞することによって、上位のクラスへ昇格できます。クラス1は最も高い競技レベルです。また、レースの順位によってポイントが付与され、これを元に「RCSランキング」が作成されます。
 ⇒自転車競技の詳細はこちら(日本学生自転車競技連盟 競技規則情報)
 
作新学院大学自転車部の詳細はこちら ⇒自転車部HP
 ⇒自転車部facebook