作新学院大学からのお知らせ

【再掲】連続公開授業「減災・リスクマネジメント概論」のご案内

【再掲】連続公開授業「減災・リスクマネジメント概論」のご案内
(最終更新日:2017/06/22)
  • 本文(導入)+右画像(PDFリンク)
    クリックするとPDFへリンクします

作新学院大学 減災・リスクマネジメント推進センターは、防災・減災教育の一環として授業を一般に無料公開します。
受講を希望される場合は、下のバナーより申し込みページのフォームに必要事項をご入力ください。
 
※公開授業は全日程終了いたしました。

 
 
日 程: 平成29年5月~7月(全9回)
会 場: 作新学院大学 第2教育棟 2101教室(1階)
時 間: 13:00~14:30(月曜日3時限)

参加費: 無料(要事前申込み)
司会・コーディネーター: 山下 裕介(作新学院大学准教授)
 
<会場変更のお知らせ>
第7回(7/3)・第8回(7/10)は、中央研究棟第1会議室(2F)で開催しますのでご注意下さい。

 
 
第1回 5/8(月)防災・減災の政策方針について
講師:栃木県県民生活部危機管理課職員
●我が国における防災・減災計画と対応方法 ・防災基本計画、災害対策基本法等
●栃木県における防災・減災の計画と対応方法 ・栃木県地域防災計画・栃木県の災害対応
 
第2回 5/15(月)危機管理(リスクマネジメント)の目的
講師:栃木県防災士会理事長・作新学院大学客員教授 稲葉茂氏
●危機管理(リスクマネジメント)とは、防災・減災とは
●危機管理(リスクマネジメント)の必要性とその目的
・我が国、栃木県における危機管理の必要性 ・危機管理に対応できる人材の育成 ・地震に備えるリスクマネジメント
 
第3回 5/22 (月)危機管理(リスクマネジメント)による効果
講師:栃木県防災士会理事長・作新学院大学客員教授 稲葉茂氏
●災害発生の仕組みと災害防止のためのアプローチ
・災害管理:災害発生の仕組みと管理予測、情報管理伝達、危機管理のあり方、那須水害を実例に
・地域試験管理:地域防災活動
 
第4回 5/29 (月)災害時危機管理の具体的対応方法
講師:栃木県防災士会理事長・作新学院大学客員教授 稲葉茂氏
●災害時の救助、救命、避難所運営、ボランティア活動等
・我が国の災害の特徴 ・防災士の活動について、防災常識クイズ ・避難所の開設と運営
 
第5回 6/19 (月)土砂災害と対策
講師:栃木県県土整備部砂防水資源課課長補佐(総括) 天尾潔氏
●土砂災害と「砂防(SABO)」
●ハード対策の推進(砂防・地すべり対策・急傾斜地崩壊対策事業)
●ソフト対策の推進(土砂災害防止法)
●現場から(華厳の滝崩壊対策事業、JICAネパール治水砂防技術センター)
 
第6回 6/26(月)災害とライフライン
講師:作新学院大学名誉教授 太田正氏
●ライフラインと住民生活
●ライフラインのレジリエンスとリスクマネジメント
 
第7回 7/3(月)防災・減災の訓練実習
講師:栃木県防災士会理事長・作新学院大学客員教授 稲葉茂氏
●災害図上訓練(DIG)の実践
 
 
第8回 7/10(月)傾聴ボランティア論
講師:NPO法人LihgtRing.代表理事・作新学院大学客員講師 石井綾華氏
●災害時に発生する不安やストレスの対応方法
・自分の不安やストレスに気づく方法 ・限界サインの見極め方 ・自分の特徴に応じた不安やストレスの解消法
●悩みや寂しさを抱える被災者に寄り添う傾聴力養成 ・7つの基本スキル実践レッスン
 
 
第9回 7/17(月)災害と危機管理
講師:作新学院大学准教授・減災・リスクマネジメント推進センター副センター長 山下裕介氏
●リスクマネジメントとリスクコミュニケーション
●地域共同体の防災・減災活動と価値共有
 
 
※本件に関するお問合せ
 作新学院大学
 減災リスクマネジメント推進センター(地域協働広報センター内)
 TEL: 028-670-3614(直通)
 E-mail: renkei@sakushin-u.ac.jp