作新学院大学からのお知らせ

平成29年度短大1年生グループワークキャンプが行われました

平成29年度短大1年生グループワークキャンプが行われました
(最終更新日:2017/11/29)
  • 本文

10月20日(金)~21日(土)短大1年生がグループワークキャンプを体験しました。
 
 今回のキャンプは、台風が近づいている影響もあり、悪天候での決行となりました。しかし、晴天時のキャンプと比較し、行事を行うことができるかの先読み・判断が要求されるため、将来幼児教育を行う短大生にとっては有意義な時間になったと思います。
 
 入所式では、実施場所のツインリンクもてぎハローウッズキャンプ場の方の挨拶があり、子供たちとのキャンプ生活の話や子供たちの最近の動向など大変興味深い話を聞くことができました。その後、オリエンテーションでは、キャンプ場での注意事項の説明、2年生・教職員の挨拶があり、班旗コンテストが実施されました。幼児教育に関することを盛り込んだ作品、班の名前にちなんだデザインの作品などがあり、大盛り上がりとなりました。
オリエンテーション終了後、テント設営の説明があり、これから1泊するテントを自分たちで設置し、持参した昼食をとりました。
 
 午後は、各グループに別れ、2年生主催のウォークラリーを実施しました。ウォークラリーでは、ハローウッズの森に課題が盛り込まれており、「虫チャレンジ」など、幼児教育で必要になるスキルが散りばめられていました。
 
 夕食作りでは、ハローウッズの方から調理器具の説明を受け、班ごとにカレーや豚汁など夕食を作りました。食後、野外でのキャンプファイヤーを予定しておりましたが、雨天のため屋根のある多目的サイトにおいて実施しました。那須自然学校の方が中心となり、火を囲みながら、各班のスタンツ、キャンドルサービスを行いました。各班のスタンツはクオリティが高く、キャンプ1番の盛り上がりとなりました。
 
 2日目も、朝から大雨の影響で、実行委員企画を開催することができませんでした。しかし、1日目に開催した班旗コンテストの結果発表や自然の中で取れたものを使ったクラフト作りを実施し、テントの片づけ後、退所式をしてキャンプは終了しました。
 
 全体を通して雨天での決行となったキャンプでしたが、普段以上に考えながら物事に取り組む必要があったため、ここでの経験は自身の力になったと思います。また、食事作りで野菜を煮る時間が短すぎたなどの失敗や思い出は、必ず将来活かすことのできる経験なので、これからも向上心を忘れずに頑張ってもらいたいと思います。
 
 

  • 写真1
    ウォークラリー:虫チャレンジ
  • 写真1
    ウォークラリー:人間知恵の輪
  • 写真1
    ウォークラリー:リンボー狩り物①

 

  • 写真2
    キャンプファイヤー
  • 写真2
    食事づくり
  • 写真2
    ウォークラリー:リンボー狩り物②

 

  • 写真3
    クラフト
  • 写真3
    炊事指導
  • 写真3
    先生の話