大学案内

ディプロマポリシー

ディプロマポリシー

 作新学院大学は、「常に自らを新たにする人間を作る」という建学の精神を教育の根幹とし、自分の力で新しい知識を吸収し、問題解決の方法を見つけ出す能力を持ち、世界的な視野に立って地域社会に貢献し得る、人間的な魅力に富んだ人材を育成することを教育目標に掲げ、それを実現することを意図したカリキュラム(教育課程)を編成している。卒業までに以下のような学士力を身につけ、所定の単位を修得した学生には、卒業が認定される。
 
1.全学の「共通教育科目」と各学部設置の「専門教育科目」をバランスよく学修して、豊かな人間性と大きな社会的視野、鋭い問題意識を自分のものとしており、多様な価値観を認めつつ、自己の考えを積極的に発信する姿勢を身につけていること。
2.所属する各学部の専門科目や専門分野を体系的・総合的に学修して理解を深め、必要とされる知識と技能を修得し、ものごとに対する大局的な判断力と実践的な問題処理能力・創造的思考力を身につけていること。
3.各学部における学修の成果が社会的貢献に必要な水準に達していると認められるだけでなく、自己管理力やチームワークを身につけ、倫理的責任を自覚して、社会的な信用を獲得できるだけの人格的陶冶が成し遂げられていること。
   
学部・学科別ディプロマポリシー

学部ディプロマポリシー

経営学部

経営学科

スポーツマネジメント学科

 

作新学院大学経営学部は、「常に自らを新たにする人間を作る(作新民)」という建学の精神を教育の根幹とし、自分の力で新しい知識を吸収し、問題解決の方法を見つけ出す能力をもち、世界的な視野に立って地域社会に貢献し得る、人間的な魅力に富んだ人材を育成することを教育目標に掲げ、それを実現することを意図したカリキュラム(教育課程)を編成している。卒業までに以下のことを身につけ、所定の単位を修得した学生には、卒業が認定されます。

1.全学の「共通教育科目」と経営学部配置の「専門教育科目」をバランスよく学修して、豊かな人間性と大きな社会的視野、鋭い問題意識を自分のものとしており、多様な価値観を認めつつ、自己の考えを積極的に発信する姿勢を身につけていること。
2.経営学部の専門科目を体系的に学修したうえで関連領域にも関心を広げ、学際的に学問に取り組むことによって、ものごとに対する大局的な判断力と実践的な問題処理能力を身につけていること。
3.経営学部における学修の成果が社会的貢献に必要な水準に達していると認められるだけでなく、社会的な信用を獲得できるだけの人格的陶冶が成し遂げられていること。

 

●経営学科

 作新学院大学経営学部経営学科は「常に自らを新たにする人間を作る」という建学の精神を教育の根幹とし、マネジメントの基礎知識と体系的な理解に基づく職能的案専門知識とともに、主体性と実行力、コミュニケーション力、チームワーク力、課題発見・解決力、想像力等の実社会で活躍できる社会人基礎力を涵養することを教育目標に掲げ、ビジネスマネジメント、コミュニティマネジメント、会計・情報マネジメントのいずれかの分野でそれらを実現することを意図したカリキュラム(教育課程)を編成している。卒業までに以下のことを身につけ、所定の単位を修得した学生には、卒業が認定される。

1.全学の「共通教育科目」と経営学部配置の「専門教育科目」の中の「研究ゼミナール」「学部共通科目」「学科共通科目」「コース科目」をバランスよく学修して、豊かな人間性と大きな社会的視野、鋭い問題意識を自分のものとしており、多様な価値観を認めつつ、自己の考えを積極的に発信する姿勢を身につけていること。

2.経営学部経営学科の学科共通科目とコース科目を体系的に学修したうえで関連領域にも関心を広げ、学際的に学問に取り組むことによって、ものごとに対する大局的な判断力と実践的な問題処理能力を身につけていること。

3.経営学部経営学科の各コースにおいて学修の成果が社会的貢献に必要な水準に達していると認められるだけでなく、社会的な信用を獲得できるだけの人格的陶冶が成し遂げられていること。

 

●スポーツマネジメント学科

 営利(企業)セクター、公共セクター、非営利セクターにおいて、自ら主体性と実行力を発揮し、課題発見力と創造力を備え、協調性をもってチームワークを組み、各セクターの経営に貢献できる人財を育成する。

①どのような人材を養成するのかについては、幅広い見識とグローバルな視点から、各方面と協働してイノベーションを起こし、新たな価値を創出するとともに、そうした共創力を発揮して地域社会を支えうる人材を養成する。②学生にどのような能力を習得させるのか等の教育研究上の目的については、マネジメントの基礎知識と体系的な理解に基づく職能的な専門知識とともに、主体性と実行力、コミュニケーション力、チームワーク力、課題発見・解決力、創造力等の実社会で活躍できる社会人基礎力を涵養する。具体的には、A)各種組織の中堅リーダー、B)中小企業等の後継者、C)共創力(協働して創造する力)を発揮できるプロジェクト・マネージャーの育成をめざす。

 スポーツマネジメント学科では、スポーツを自ら体験しつつ、スポーツの振興とスポーツビジネスをマネジメントできる人財の育成を目指す。スポーツを「する(play)」、「見る(watch)」だけではなく、スポーツを「支える(support & management)」視点に立って、事業としても持続可能なスポーツの振興と地域の活性化に寄与する人財を育成する。

人間文化学部

人間文化学科

 

作新学院大学人間文化学部は、「常に自らを新たにする人間を作る(作新民)」という建学の精神を教育の根幹とし、卒業までに以下のことを身につけ、所定の単位を修得した学生には、卒業が認定されます。

 

1.全学の「共通教育科目」と人間文化学部配置の「専門教育科目」をバランスよく学修して、豊かな人間性と大きな社会的視野、鋭い問題意識を自分のものとしており、多様な価値観を認めつつ、自己の考えを積極的に発信する姿勢を身につけていること。

2.言語・文学、社会学、心理学、教育学の4つの専門分野を横断的に学修することにより、人間と文化についての総合的な知識を修得しているとともに、各専門分野のいずれかにおいて要求される専門的な知識と技能(各免許及び資格を含む)を体系的に修得していること。

3.人間文化学部における学修の成果が社会的貢献に必要な水準に達していると認められるだけではなく、社会的な信用を獲得できるだけの人格的陶冶が成し遂げられていること。

 

 
研究科別ディプロマポリシー

研究科ディプロマポリシー
経営学研究科

作新学院大学大学院経営学研究科は、建学の精神(「作新民」)に則り、次の教育目的を掲げています。


1.経営学における創造的・独創的な研究能力の涵養
2.今日における多様な経営課題に対する実践的な解決能力の修得
3.該博な知識と広い視野を備えた研究者の育成
4.産業界や地域社会ならびに国際ビジネス界をリードする高度な技術をもった実務家の養成

本研究科は、所定の期間に在学し、履修規定で定められた講義科目と演習科目を履修し、基準の単位数を修め、そして学位論文の審査に合格した者に学位を授与します。
なお、本研究科は博士前期課程(修士課程)と博士後期課程を有し、いずれの課程でも修了までに、自立した研究者・プロフェッショナルに相応しい識見と能力を身につけていることが重視されます。

心理学研究科

本研究科は、以下に該当する者に対して学位を授与します。


1.心理臨床の視点から幸福な社会を創造するための課題意識を持つこと。
2.クライエントの問題に対して、クライエントの権利を尊重するとともに、臨床心理学の専門的な視点から思考・判断できること。
3.心理査定、心理面接を実践できること。
4.臨床心理学の専門的知識を修得していること。

作新学院大学女子短期大学部 幼児教育科ディプロマポリシー

学科ディプロマポリシー
幼児教育科

所定の単位を修得した場合には、卒業を認定し、短期大学士の学位を与える。

また、幼稚園教諭2種免許と保育士資格の取得を積極的に支援する。

卒業までに身につけるものとして、以下のものが挙げられる。

1.よき幼児教育者としての専門的な知識と技能を身につける

2.よき幼児教育者としての実践力を身につける

3.よき幼児教育者としての豊かな人間性と協働性を身につける