学生生活

保健室インフォメーション

保健室インフォメーション

1.健康診断(毎年4月に実施)及び事後措置
毎年4月上旬に健康診断を行います。健康診断結果に基づき、再検査や精密検査の案内を行い、検査結果に応じ保健指導を行っています。
 
2.応急処置
ケガや病気の時の応急処置、必要に応じて病院紹介を行います。ベッドもありますので気分の悪い時など休養できます。
 
3.保健室相談
健康に関することはもちろん、学生生活に関する内容などの相談にも応じています。気軽においでください。必要に応じて、学校医への相談や病院を紹介したり、教員や事務局との連絡調整をします。 相談内容についても秘密を守りますので安心してご利用ください。
 
4.学校感染症に罹患したら【インフルエンザ、麻疹(はしか)や風疹等】
1.学校保健安全法施行規則に定める感染症にかかった場合
学校保健安全法施行規則に定める感染症(以下「学校感染症」といいます。)に罹患した場合は、治癒するまでの間、登校停止となります。
○罹患が確認された場合は、速やかに学生課(保健室)【電話028-670-3641】 に連絡してください。
 
2.完治後の手続きについて
(1)公欠届(感染症)及び治癒証明書を印刷し、医師に必要事項を記入・押印してもらう。
(2)記入・押印済みの公欠届(感染症)及び治癒証明書を学生課(保健室)に提出し受付印を押印した写しをもらう。
(3)教員への連絡は下記のとおり行う。
大学生:受付印が押印された公欠届(感染症)及び治癒証明書のコピーを、登校停止となった履修科目分コピーし、速やかに科目担当教員に提出する。
短大生:受付印が押印された公欠届(感染症)及び治癒証明書のコピーを、登校停止となった履修科目分コピーし、教務課内にある欠席届に添付後、速やかに科目担当教員に提出する。
 
公欠届(感染症)及び治癒証明書は必ずしも本学所定の様式である必要はありませんが、感染症名、登校停止期間、登校許可日、医療機関、医師名を含む必要があります。

3.関連書類ダウンロード

4.注意事項
○大学への連絡をしていない場合や公欠届(感染症)及び治癒証明書の提出が遅れた場合、その取り扱いができない(欠席扱い)となることがありますので注意してください。
 
5.学校感染症の主な種類(参考)

 感染症名
第一種 エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、痘そう、南米出血熱、ペス ト、マールブルグ病、ラッサ熱、急性灰白髄炎、ジフテリア、重症急性呼吸器症候群(病原体がコロナウイルス属SARSコロナウイルスであるものに限 る。)、鳥インフルエンザ(病原体がインフルエンザウイルスA属インフルエンザAウイルスであってその血清亜型がH5N1であるものに限る。)、新型イン フルエンザ等感染症、指定感染症、新感染症
第二種 インフルエンザ(鳥インフルエンザ(H5N1)を除く。)、百日咳、麻疹、流行性耳下腺炎、風疹、水痘、咽頭結膜熱、結核、髄膜炎菌性髄膜炎
第三種 コレラ、細菌性赤痢、腸管出血性大腸菌感染症、腸チフス、パラチフス、流行性角結膜炎、急性出血性結膜炎その他の感染症

※上記は主な感染症です。感染症により登校停止期間が定められておりますので、主治医の指示に従い休養しましょう。
 
5.保健室には誰がいますか?
看護師等が対応しております。
 
大学生になると、一人暮しを始める方も多く、環境も大きく変化し、戸惑うこともあると思います。また、これまで家族や先生に支えられていた生活から、自分で考えて判断していくことが必要になります。困ったことがありましたら、一人で悩まず気軽に保健室を利用してください。
 
6.利用時間及び連絡先
月曜日から金曜日(土日・祝日を除く) 9時00分~16時20分
 
TEL:028-612-2322(保健室直通)
FAX:028-667-7110(代表)
E-Mail:hoken@sakushin-u.ac.jp