作新学院大学からのお知らせ

<学長コラム> 日々に自らを新しく

<学長コラム> 日々に自らを新しく
(最終更新日:2020/06/24)

6月のメッセージ

  • 原稿

6月19日(金)の政府の発表により、都道府県をまたいでの往来が可能となりました。そのことを受け、本学では、引き続きコロナ渦の中で安全を第一に考えながら、22日(月)から最終学年の学生以外の学生においても登校を認め、さらに遠隔授業を基本とする中で30名程度の授業の対面指導を、科目の性質上および指導上必要性があるものに限定して認めることとしました。課外活動なども、7月から試合が開始されるところも出てきており練習が本格化しています。
 
世の中は、「新たな生活様式」に沿って経済活動をはじめ少しずつ動き始めてきています。本学も休館措置の緩和に取り組んでいきますが、まだ油断はできません。今後第2波、第3波がいつどのように訪れるのかわかりません。本学としてはみなさんにいろいろご不便をかけることがあるかもしれませんが、感染防止を第一に諸活動の再開を慎重に進めていきますので、どうぞご理解ください。
 
大学も、コロナ時代の新しい在り方を本格的に模索していく必要があります。大学・短大は学生が主体ですから、「新たな大学・短大の在り方」などのアイデアをぜひ学生のみなさんからも提案していただきたい、そのような提案の機会をぜひ作って行きたいと考えています。
 
これから夏本番となりますので、くれぐれも健康に留意して引き続き前期授業に取り組んでください。
 
令和2年6月24日
 
作新学院大学
作新学院大学女子短期大学部
学長 渡邊 弘


⇒ 学長のメッセージ(大学短大
学長の略歴・業績


 
学長コラムのバックナンバー
2020年5月12日 学生のみなさんへのメッセージ
2020年4月17日 感染対策は「倫理観」が鍵に