女子短期大学部

伊藤 敦広

伊藤 敦広
  • お写真

 

教員氏名

伊藤 敦広

教員ふりがな

いとう あつひろ

職階

講師

学位

修士<教育学>

担当授業名称

・教育原理 ・教育方法論 ・保育者論 ・幼児教育史

担当ゼミ名称

 

専攻・専門分野

教育哲学

陶冶論(人間形成論)

ドイツ教育思想史

所属学会

・教育哲学会 ・教育思想史学会 ・三田哲学会 ・三田教育学会

研究室電話番号

 028-670-3685

E-mail(大学)

 iatsuhiro@sakushin-u.ac.jp

E-mail(個人)

 

略歴

2013年3月 慶應義塾大学大学院 社会学研究科 前期博士課程修了(教育学)

2015年4月 慶應義塾大学文学部 通信教育課程 科目担当員(現在に至る)

2016年3月 慶應義塾大学大学院 社会学研究科 後期博士課程単位取得退学

2016年4月 作新学院大学女子短期大学部 講師(現在に至る)

       慶應義塾大学文学部 非常勤講師(現在に至る)

 

【著書】

・『西洋教育思想史』〈共著〉 眞壁宏幹編、慶應義塾大学出版会、2016年(第6章第3節「フンボルトの陶冶論(人間形成論)」229-240頁、第7章補論3「3 ドイツ:ベルリン大学」377-386頁、担当)

 

【論文】

・「フンボルト陶冶論における自然哲学的前提」慶應義塾大学大学院社会学研究科編 『慶應義塾大学大学院 社会学研究科紀要』 第 77 号、19-38 頁、2014年

・「「他なるもの」の理想化としての陶冶 ―フンボルト陶冶論における 古代ギリシャの意義―」教育哲学会編 『教育哲学研究』第111 号、53-71 頁、2015年

・「陶冶と構想力 ―陶冶論的立場から見たフンボルト美学について―」三田哲学会編 『哲學』 第136 集、29-48頁、2016年

 

【翻訳】

・ハンス・リューディガー=ミュラー著 「教育的タクトの理論のために」〈共訳〉慶應義塾大学大学院社会学研究科編 『慶應義塾大学大学院 社会学研究科紀要』 第 80 号、73-84 頁、2015年

現在の研究分野

 ヴィルヘルム・フォン・フンボルトの陶冶論(人間形成論)

研究課題と研究経過

 

教員個人ページへのリンク

 

ゼミ・講義の紹介