人間文化学部

木村 寛

木村 寛
  • お写真

 

教員氏名 木村 寛
教員ふりがな きむら ひろし
職階 特任教授
学位 学士≪教育≫
担当授業名称 算数科教育法
担当ゼミ名称  
専攻・専門分野

数学教育

科学教育

 
所属学会

日本数学教育学会

日本科学教育学会

研究室電話番号 028-670-3790
E-mail(大学) kimurah@sakushin-u.ac.jp
E-mail(個人)  
略歴

1967. 4 神奈川県三浦市立三崎中学校教諭

1969. 1 横浜国立大学教育学部助手(数学教育)

1974.10 国立教育研究所科学教育センター第1回共同研究員

1982. 4 宇都宮大学助教授(教育学部数学教育)

1996. 8 宇都宮大学教授(教育学部数学教育)

1999. 4 附属小学校長併任(3年間)

2010. 4 宮城学院女子大学教授(児童教育学科)

2012. 4 作新学院大学特任教授(人間文化学部)

現在の研究分野 算数科・数学科教材開発

数学教育と他分野との連携

研究課題と研究経過

 1970年代は数学教育における評価の在り方,1980年代はオープンエンドアプローチの算数数学科授業,算数数学科と理科の連携,1980年代から数学教育における作品化の授業,1990年代から教材化・教材開発,2000年代からは数学教育と子どもの発達・倫理観との関連について再考察している。

 

著書・訳書・論文など;

「M.H.Stone:若者と社会とに対する数学教師の任務」,1975.9,日本数学教育学会誌59巻9号。

「オープン・エンド・アプローチによる授業について:神奈川地区での実践を通して得られたこの授業に関する教師の一般的な姿勢と留意すべき事柄について」,1976.3,科研特定研究(代表:島田茂)報告書(国立教育研究所)。

「新算数指導講座第10巻(評価)」(1978.12,金子書房)。

「世界の数学教育:その新しい動向(ユネスコ)」(1980.8,共立出版)。

「算数・数学科と理科との関連について:3つの側面から」,1981.7,科研一般研究A(代表:島田茂)報告書(横浜国大)。

「算数・数学科と理科との関連についての小・中学校教師の意見」

(共著),1982.3,日本科学教育学会誌6巻1号。

「算数教育指導辞典(日本数学教育学会編)」(1984.8,新数社)。

「The Implementation of the Calculator in Improving the Elementary School Mathematics Curriculum」(共著),1984,11,Proceedings of ICMI-JSME Regional Conference on Mathematical Education。

「ハウスン,カイテル,キルパトリック:算数・数学科のカリキュラム開発」(1987.8,共立出版)。

「算数数学科における問題解決と数学的な考え方との関連について」,1988.3,宇都宮大学教育学部教育実践研究指導センター,11号。

「算数数学科の作品化をめざす授業の事例的研究」,1998.4,科研一般C(代表;木村)報告書(宇都宮大学),PP.1- 301。

「CRECER生きる力をはぐくむ算数授業の創造全13巻」(1999.9,ニチブン)。

「算数・数学科における基礎・基本;小・中・高校を通して」,2001.3~2009.3,栃木県教育研究所,121,123,126,128,133,136,138集。

「学校はいろいろな分野で用いる言語で考え会話する体験の場」,2011.3,下野教育,No.736,PP.8-11。

「関数的な見方や考え方の習得は学習成果のバロメーター」,2014.9,教育出版Compass巻頭言

教員個人ページへのリンク  
ゼミ・講義の紹介