経営学部

荒木 宏

荒木 宏
  • お写真

 

教員氏名

荒木 宏

教員ふりがな

あらき ひろし

職階

教授

学位

博士<Ph.D.政治学>

担当授業名称

公共経営論、公共ガバナンス論、公民パートナーシップ論、地域福祉論、NPOマネジメント論、経営学総論、【大学院】経営学特別演習I~IV

担当ゼミ名称

研究ゼミナール、基礎ゼミナール

専攻・専門分野

専攻:政治学 専門分野:政策経営、福祉政策、地域研究

所属学会

日本政治学会

American Political Science Association

研究室電話番号

 

E-mail(大学)

h-araki@sakushin-u.ac.jp

E-mail(個人)

 

略歴

■主な業績:

・『比較政治学の理論』(共著)東海大学出版会

・『利益誘導政治:メカニズムと国際比較』(共著) 芦書房

・『ガバナンスの課題』(共著)東海大学出版会 

・『政党システムの理論と実際』(共著)おうふう     

・『政策変容とアカウンタビリティ』(単著)『作大論集』第4号

・『新経営学総論』(共著)学文社

・「「公―私」政策変容と年金体制の比較研究」(単著)『作大論集』第7号

 ・’Ideas and Welfare: The Conservative Transformation of the British Pension Regime’ Journal of Social Policy, Volume 29, Part 4, 2000.

・‘Polity Transformation and Pension Regime in Comparative Perspective’, SSRN, 2009

その他  

 

■社会的活動: 

宇都宮市個人情報保護運営審議会委員 (2006-2011)

下野市地域福祉計画策定委員会委員長 (2011-2012)

宇都宮市行政改革大綱策定懇談会委員 (2014-2015)

厚生労働省栃木地方労働審議会委員 (2015- )

公益財団法人宇都宮市医療保健事業団評議員 (2016- )

現在の研究分野

政策とアカウンタビリティ、政策と倫理、福祉政策、地域政治

研究課題と研究経過

・「公―私」政策変容におけるアカウンタビリティの理論構築

・「縮減の政治」における公私の政策変容と年金体制の比較研究

・公生活の基準と倫理

教員個人ページへのリンク

http://www.sakushin-u.ac.jp/~h-araki

ゼミ・講義の紹介