人間文化学部

原田 明子

原田 明子
  • お写真

 

教員氏名 原田 明子
教員ふりがな はらだ あきこ
職階 教授
学位 修士<文学>
担当授業名称 英語A1~4
英語圏の文化
米文学研究1・2
卒論ゼミ
英語科教育法1・2・4
担当ゼミ名称  
専攻・専門分野 メルヴィルの散文作品
所属学会 日本英文学会
日本アメリカ文学会
研究室電話番号 内線 2210
E-mail(大学) harada@sakushin-u.ac.jp
E-mail(個人)  
略歴 表象としての"Handsome Sailor" : 「ビリー・バッド」における代弁について(『アメリカ文学 64号』、2003) 
現在の研究分野 アメリカ小説
研究課題と研究経過 ハーマン・メルヴィルの散文作品
教員個人ページへのリンク  
ゼミ・講義の紹介 「英語圏の文化」では、 人工的に作られた国家としてのアメリカ合衆国の特徴を、コロンブスの新大陸「発見」にさかのぼって検証していきます。また、17世紀初頭の大西洋を渡っての移住や、18世紀の独立革命の裏側、先住民族や奴隷制度などの歴史について、自分がその時代に生きていたらどう感じ、考えただろうかという視点に立って、それぞれの時代のごく普通の人々の生きがいや苦しみを、資料や映像を通して考察します。

「米文学研究」では、Aでは原文でエッセイや小説を読み、Bでは翻訳を中心に出来るだけ多くのアメリカ小説を読みます。時代背景を探る資料や映画なども取り入れ、普段読んでいる日本の小説とは一味違うもののとらえ方、表現の仕方に触れていきます。

私は英語の教職課程も担当しています。その一つ、「英語科教育法」では、日本における英語科教育の歴史と現状、問題点、解決のためのさまざまな試みを学び、それらの知識の上に立って実際に自分で指導案を作成し授業を展開できるよう、練習を重ねていきます。

「卒論ゼミ」では、アメリカの文学作品や出来事について興味を持っている学生をお待ちしています。昨年度は「アメリカの戦争の歴史」、今年度は「レイモンド・カーヴァーの短編小説におけるアンビバレンス」をテーマに、卒業論文を書いています。