作新学院大学からのお知らせ

【自転車部】床井亮太選手がクラス1で初優勝

【自転車部】床井亮太選手がクラス1で初優勝
(最終更新日:2019/08/20)
  • 本文
    クラス1優勝 床井選手(中央)

 7月27日(土)~28日(日)に開催された「全日本学生ロードレース・カップ・シリーズ 第4戦・白馬ラウンド」において、本学自転車部の床井亮太選手(スポーツマネジメント学科3年)がクラス1(day2)で初優勝しました。チームとしても、創部4年目で初の快挙となります。
 2日間(day1&2)の総合成績でも床井選手が1位、大山慶選手(スポーツマネジメント学科2年)が8位に入賞しました。また、クラス3(day2)では石下翔太選手(スポーツマネジメント学科1年)が3位に入賞しました。
 
 
大会詳細
大会名: 全日本学生ロードレース・カップ・シリーズ 第4戦・白馬ラウンド
日 程: 令和元年7月27日(土)~28日(日)
会 場: 長野県北安曇郡白馬村 特設周回コース
 
 
 
大会成績( )出身高校
クラス1総合 第1位 (day1:第4位 day2:第1位
 経営学部スポーツマネジメント学科3年  床井 亮太 (作新学院)
 
クラス1総合 第8位 (day1:第9位 day2:第11位)
 経営学部スポーツマネジメント学科2年  大山 慶  (今市工業)
 
クラス3(day2) 第3位
 経営学部スポーツマネジメント学科1年  石下 翔太 (矢板中央)
 
 
 
ロードレース・カップ・シリーズ(RCS)ランキング令和元年7月28日時点 4位:床井 亮太
17位:大山 慶 
19位:村山 浩司
39位:及川 一総
91位:中村 優太
日本学生自転車競技連盟HPはこちら
 
 
レースレポート
床井亮太選手 今回の白馬は前日から体調があまり良くなく、かなり厳しいレースでした。レース前半からアタックが連続してかかりましたが、逃げが出来ないように大山選手に動いてもらえたので、かなり脚を温存することができました。最後の2周になり、信州大学の選手がアタックしましたが、誰も追わなかったので、集団でのスプリント勝負にしたくなかった自分は逃げにブリッチをかけました。2人逃げになり、最後のストレートで自分が先行したものの、キツくて相手選手にまくられましたが、最後は後ろについてまくり返しました。後輩が自分のためにかなり動いてくれたので感謝しています。
 次のインカレも頑張ります!
 
 
 
作新学院大学自転車部の詳細はこちら
 ⇒自転車部HP
 ⇒自転車部facebook