作新学院大学からのお知らせ

下野新聞社NEWS CAFEが期間限定でオープン!

下野新聞社NEWS CAFEが期間限定でオープン!
(最終更新日:2019/11/06)
  • 写真+本文

 10月15日(火)~10月31日(木)まで学生会館食堂にて「下野新聞NEWS CAFE」がオープンしました。
 期間中はカフェ、食堂内に下野新聞連載企画「気候変貌」パネル展を開催。下野新聞朝刊が配達され学生の皆さんが新聞に触れ、新聞を通して様々な社会問題を考える機会として開催しています。今年のテーマは「SDGs(持続可能な開発目標)を考える」。SDGs17種の目標ランチョンマットを使用し、食事を楽しみながら17種の目標を理解してもらえるよう啓発活動も行ってます。
 オープン初日は、さっそく特別限定メニューをオーダーした学生がメディア取材を受けました。
「下野新聞NEWS CAFE」
実施期間:2019年10月15日(火)~10月31日(木)
営業時間:平日11時~13時
特別限定メニュー:500円(税込)
※一般の方もご利用できます。
日にち限定でサラダバーや無料サンプリング配布などのイベントも予定しています。
 

  • SDGs+写真
    「気候変貌」パネル展
  • SDGs+写真
    17の目標ランチョンマット
  • SDGs+写真
    期間限定特別メニュー

【SDGsとは】「SustanableDevelopmentGoals」の略で、2015年9月の国連サミットで採択された2030年までの長期的な開発の指針「持続可能な開発のための2030アジェンダ」における「持続可能な開発目標」であり、国際社会共通の目標です。持続可能な世界を実現するための17の目標と169のターゲットから構成されており、地球上の「誰一人として取り残されない」社会の実現に向けて、経済、社会、環境をめぐる広範な課題に対する総合的な取り組みが示されています。
SDGsは2015年9月の国連サミットで採択されたもので、国連加盟193か国が2016年から2030年の15年間で達成するために掲げられた目標です。