作新学院大学からのお知らせ

主権者教育:「農業一筋35年~大田主に」をテーマに特別授業が実施されました

主権者教育:「農業一筋35年~大田主に」をテーマに特別授業が実施されました
(最終更新日:2020/01/27)
  • 写真+本文
  • 写真+本文

 令和2年1月15日(水)本学の「現代社会の諸問題B」(木村直人特任教授担当)において、昨年大嘗祭で大田主を務められた石塚毅男さんがゲストスピーカーとして講義をしました。
 石塚さんからは、大田主に選ばれてから大嘗祭終了までの話、20歳でお父様が亡くなり農業経営を引き継ぎ、地域の方々に支えられながら今日に至ったなど、貴重なお話を伺うことができました。
 「自分が間違ったことをしなければ、困っているときに周りが助けてくれます。周りとのコミュニケーションを大切に、地域社会に貢献をしてほしいです」と、社会的自立と社会参加について語られました。
 授業の終わりには大嘗祭で奉納したコメ「とちぎの星」で作ったおにぎりが振舞われました。

 

  • 写真
    本学特任教授木村先生(左)と大田主を務めた石塚さん(右)
  • 写真
    「とちぎの星」のおにぎりが振舞われました