作新学院大学からのお知らせ

「2020年度 教育実習報告会」をオンラインで開催しました

「2020年度 教育実習報告会」をオンラインで開催しました
(最終更新日:2021/01/27)
  • 本文
    オンラインで発表する学生
  • 本文
    発表の様子

2021年1月27日
令和3年1月21日(木)、「2020年度 教育実習報告会」がオンラインで開催されました。報告会では、小学校、中学校(国語)、高等学校(国語/商業)、特別支援学校での教育実習を終えた9名の学生が、実習で学んだことを発表し、教職をめざす後輩学生たちに伝えました。
 
小学校での実習を経験した芳賀優摩さん(発達教育学科3年)は、実習前に板書の書き方を練習したこと、実習校のボランティアに参加した経験が役に立ったこと、実習中は常に感謝の気持ちと謙虚な姿勢を忘れず、言動には十分に気をつけたこと等を発表しました。
 
中学校での実習を経験した栁町明加さん(人間文化学科4年 ※現 発達教育学科)は、授業の冒頭で今日やることを説明してから授業を進め、授業の終わりに感想シートを書かせて、生徒の理解状況を把握し、次の授業の参考にしたこと等を発表しました。
 
その他にも、発表者から、授業前の準備の重要性を痛感したこと、実習先でのコロナ対策の状況、児童・生徒とのコミュニケーションのとり方、実習中の一日の流れ、失敗から学んだこと等、具体的なエピソードを交えながら発表が行われました。今回の報告会は、教職をめざす学生たちにとって、有意義な場となりました。
 
 
⇒教職をめざす学生への本学のサポート体制はこちら