心理学研究科

学びの特色

学びの特色

カウンセリング技法と幅広い心理学領域を学ぶことで多彩な進路が拓けます。
 本研究科では、臨床心理学を中心的な学問分野と位置づけ、子どもたちの健やかな成長をサポートできるカウンセリング技法や心理検査技法を身につけた人材を育成します。また、認知・生理心理学系科目も開講することで、発達障がいをもつ児童・生徒の認知能力の特徴、そのメカニズムなどを理解し、療育や特別支援教育の分野の学習や研究を進められるようになっています。臨床心理学を中心にしながら幅広く学習することが、子どもから高齢者まで、そして障がいを抱える方や家族への支援には欠かせません。
 

 心理臨床に関する実習については、学内の心理学研究科附属臨床心理センター(作新こころの相談クリニック)での実習および学外の適応支援教室(教育領域)、児童相談所(福祉領域)や病院の精神科・心療内科(医療領域)での実習によって、学生がさまざまな心理臨床体験を積めるような体制をとっています。
 
 心理臨床に携わる高度専門職業人となるためには、公認心理師・臨床心理士の資格を取得することが求められます。本学心理学研究科は、いずれの試験の受験資格も得ることができるようにしています。

  •  心理学研究科の特色 (H30)