人間文化学部

発達教育学科

発達教育学科

人間への深い理解を持った教員という職業で社会に貢献 そんな未来にリンクする
教員の仕事は、児童・生徒の一人ひとりと真剣に向き合うことが大切です。そこで人間文化学部では、学生数が10人から20人の少人数での授業スタイルを重視しています。少人数制の授業では、大学の教員と学生の距離がきわめて近く、きめ細やかな教育を実践することができます。このような学びの経験は卒業後、教員としてのキャリアの中でも必ず役に立ちます。

  • 発達教育学科①(2019.4更新)


教員になりたいという夢の実現のために採用試験合格まで協力にサポートします

公立学校の教員になるためには、教員採用試験に合格する必要があります。発達教育学科では、学校現場での豊富な経験を持つ教員が、筆記試験や面接試験に向けた丁寧な指導を行い、学生の夢の実現を強力にサポートしています。


発達教育学科の魅力を動画でご紹介

  • 2019動画データ
    画像をクリック